水道橋駅に近づく窓から

水道橋駅に近づいてくると

ビルとビルの間から東京ドームの姿を目にすることができる。


それは、何度みても、周りの景色と馴染んでいなくて、

そしてこれからジャイアンツ戦をみれるという高揚感もあって

あまりにも非日常的な光景だった。


放課後、つくばの原っぱで野球をしている子供にとって

それは異界に連れ去ってくれる

巨大な生き物のような迫力を放っていた


古い映画の、ふかふかのあの生き物みたいな…



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日みたいな日は疲れているはずなのに体が軽い
9

羽賀翔一

マンガ家 。『インチキ君』 / 『ケシゴムライフ』 /『昼間のパパは光ってる』/ 『嫌われる勇気』挿絵/『今日のコルク』/『漫画 君たちはどう生きるか』ツイッターアカウントは→@hagashoichi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。